自信をつける

たった1日2分のポーズで爆発的にテストステロンを増やす方法

自信に溢れた男性

テストステロンをご存知ですか?

テストステロンは男性ホルモンの一種なのですが、実はこのホルモンは自信、力強さ、前向きさといった資質を支配する特別なホルモンなのです。

リーダーシップを発揮する人には、このホルモンの分泌が多いと言われています。

今、あなたが自信がない、優柔不断、受動的な人であったとしても、テストステロンを増やすことによって、人を惹きつける魅力的な人物に生まれ変わることができます。

今回の記事では、通常のやり方では増やすことの難しいテストステロンを、1日たった2分で確実に増やす方法をご紹介します。

ボディーランゲージは心の内面の現れである

私たちは、どんなに隠していても、ボディーランゲージという形で自分の内面の感情を相手に伝えています。

例えば、私たちは相手に興味を持っているときには自然に身を乗り出します。相手を拒絶しているときには、いつの間にか腕を組んでいます。あるいは、身体を反らしているかも知れません。

あなたは、ポジティブなことでもネガティブなことでも、ボディーランゲージを通じて感情を相手に伝えているのです。

ボディーランゲージは、内面の感情が身体の動きとして現れたものと言うことができます。

ボディーランゲージを使って心をコントロールする

私たちは、自分の心をコントロールすることが難しいことを知っています。つまらないことで怒ったり、意地を張ったりして人生を台無しにしてしまうことがあります。

あとから振り返って、どうしてあんなことをしてしまったのだろうと反省はしますが、同じことを繰り返します。

それくらい、心のコントロールは難しいものなのです。

この心のコントロールを上手に行う方法があります。それは、ボディーランゲージを使うことです。

先ほど、ボディーランゲージは心の内面の感情が身体の動きとして現れたものだと述べましたが、逆に身体の動きを制御することによって、内面の感情に影響を与えることもできるのです。

例えば、相手と話をしていて、なんだか話が噛み合わずしっくりこないと感じた場合、あえて「身を乗り出す」というボディーランゲージをすることによって、自分の気持ちを変化させることができます。

笑った顔をしながら悲しいことを感じることができないのと同様に、身を乗り出してあなたの話に興味がありますよというポーズを取りながら、つまらないと感じることはできないものです。

心の感情を直接コントロールすることは難しいことですが、身体の動作を制御することは、それに比べれば難しくありません。

身体をコントロールすることによって、間接的に心を制御するのです。

ボディーランゲージを使ってテストステロンを増やす

ここからが本題です。

前述のとおり、私たちは感情をボディーランゲージを通じてコントロールできます。

そして、嬉しいことに、「自信」、「力強さ」、「決断力」といった資質もボディーランゲージを通じて形成できることが、研究でわかったのです。

例えば、「腕をVの字に突き上げあごをやや前に突き出す」というポーズは、勝利したときに、人種を問わず、全世界で見られるものです。

このようなポーズを習慣的に行い「力強い」振りを続けることによって、テストステロンが増加し、いつの間に「力強い」資質が本当にあなたのものになっていきます。

1日2分の習慣があなたを変えます。

詳しくはこちらのTEDの動画をご覧ください。動画の中では力強さを示すポーズ、弱さを示すポーズがいくつか例示され、参考になりますよ。