お金

今後、日本では給料は上がらない【働かずに下流を抜け出す2つの方法】

銀行通帳

給料が上がらなくて将来が不安だ。給与以外に収入を増やす方法はないだろうか?と考えている人の疑問にお答えします。

バブル崩壊以前は毎年給料が上がるのが当たり前でした。仕事内容に関わらず勤務年数が上がれば給料も上がるという、良くも悪くも安定した時代でした。

しかしバブル崩壊後、成果主義の波がやってきます。成果を上げられないと給料も上がらない時代に変化しました。

そしてさらに現在は成果を上げても給料が上がらない時代に突入しています。

理由は社会構造がここ数十年で大幅に変化したからです。

この記事では今後給料が上がらないことを前提に、給与以外に収入を得る2つの方法をご紹介します。

私は現在ほとんど何もしなくても月10~20万円の副収入を得ています。これは誰にでもできます。

日本経済が回復しても給料が大幅に増えることはない

ビジネスミーティング

日本経済が回復したら給与も上がるのでは?と考えるのはたぶん間違いです。

日本経済は既に指標的には絶好調です。リーマンショックを乗り越えて過去最高益を出している企業もたくさんあります。しかしサラリーマンとしては景気が回復している実感がないですよね?

どうして私たちは景気回復を実感できないのでしょうか?

その理由は、会社は利益が上がっても従業員に給与や賞与で配分することを極力さけるようになったからです。

バブル以前と比べればとてもシブチンになっています。会社は潤っているけど従業員は実感できない状況です。

バブル崩壊後に社会人になった方は給与がなかなか上がらないのが当たり前の感覚かもしれませんが、日本は戦後からバブル期までは一貫して平均給与は上昇してきました。

会社はどうして業績がよくても給料を上げないのか?

会社が給与に対して厳しくなっているのは、日本の人口が減少傾向にあり今後持続的な成長が見込みにくいということがあります。

しかし、一番大きな理由は株主の存在が大きくなってきたからではないかと思います。

理論上は「会社は株主のもの」ですが、バブル以前の日本企業の実態は「会社は経営者のモノ」でした。

今の時代のように株主にお伺いを立てるというようなことはなく、経営者が好き放題にやっていました(個人の感想です)。そして従業員は家族であり、終身雇用で給与は年功序列でほぼ何もしなくても上がっていくのが当たり前でした。

バブル崩壊から、リストラという言葉と共に株主主権が強くなってきたように思います。物言う株主が増え、業績を厳しく追及し、多くの配当金を要求するようになりました。

結果として、経営者は企業業績をよくするために従業員給与にメスを入れ、配当金を増加させるようになりました。

私のイメージですが、

バブル崩壊前

・会社は経営者のモノ
・利益配分は、内部留保4、従業員4株主配当2の割合

バブル崩壊後

・会社は株主のモノ
・利益配分は 内部留保4、従業員2株主配当4の割合

という形で過去、従業員に還元されていた分が株主に流れるようになってきました。(利益配分の割合は個人的な感覚値です)

この流れは基本的に今後も変わらないでしょう。

下流を抜け出す2つの方法

このような給料が上がらない時代の中で、自分のパワーをすべてサラリーマンの仕事に向けるのは非効率です。頑張っただけ報われる時代は終わりました。

私たちは会社員としての給料だけに頼ることなく、別の収入を確保すべきです。サラリーマンが給与以外の収入を確保する方法として、次の2つの方法をお勧めします。

ブログ運営で不労所得を得る

ここで言うブログというのは、いわゆる日記のような個人ブログとは違います。他の人に役立つ専門性・独自性のある情報を発信する他人目線のブログです。

専門性・独自性の高いブログはグーグルやヤフーの検索エンジンで検索したときに上位に表示されるようになります。上位に表示されるようになると広告収入やアフィリエイト収入が入ってくるようになります。

私はいくつかのブログ運営をしていて、ブログから得られる収入は月に10~20万円程度です。

専門性・独自性が高いというと敷居が高く感じられますが、誰でも興味のある分野や他の人に負けない知識を持っている分野があるものです。自分にとっては当たり前でも他人から見るととても役に立つ情報ということがあります。

釣りが好き、ブランド物が好き、たこ焼きが好き、なんでもいいです。それらを突き抜けるくらい独自性を追求していくと自分ブランドになり、自分ブランドからお金が得られるようになってきます。

ブログがよいのは、いったんサイトを作ってしまうと、ほとんど更新しなくても安定的に収入が入ってくることです。文字通り不労所得です。

本業の仕事が終わってから別の職場でアルバイトするような副業は時間の切り売りです。収入は増えても心身ともに疲労してしまうのでお勧めできません。

株主になる(株式投資をする)

繰り返しになりますが、会社の利益は「内部留保・従業員・株主」の3つに還元されます。そして現代は利益の蛇口は株主に多く開かれるようになってきています。

会社であなたが頑張ってあげた成果はあなたに還元されるのではなく、株主に還元されるようになってきています。

事実、現在の株式市場では配当利回りが4%、5%という株がゴロゴロしています。

このような時代には労働者の給与収入だけに頼るのは危険です。利益の還元率の高い株主にもなるべきです。

株主になるのは簡単です。株式投資をすれば株主になれます。月千円からでもいいので株式投資を始めてみましょう。

株式投資の額が増えるに従って、利益の蛇口が株主に開いている時代であることを強く実感するようになるはずです。

一番よいのは、ブログからの収入を株式投資に回すことです。いわばノーリスクマネーなので心理的に安心して投資ができます。結果としてどっしりと構えて投資ができるので利益もあがりやすくなります。ブログからの収入を株式投資で増やすという理想的な流れです。